四十肩、五十肩を早く治すための治療・セルフケアについて

肩のつらい症状の一つに五十肩(四十肩)があります。

ひどい症状の場合では、服の着替えや物を取ろうとしたときに
肩に強い痛みが走ったり、夜の寝返り時に激痛で目を覚ますなど
日常生活に支障をきたす場合もあります。

この記事ではそんな五十肩の解説と
出来るだけ早く改善するためのセルフケア
当院で行っている治療についての紹介をします。

この記事の補足動画を作成しました!
記事後半にて紹介していますので、ぜひご覧ください!

五十肩とは?
気をつけるべき症状とテスト
五十肩のセルフケア
当院で行う治療紹介
最後に

五十肩とは?

まず名称についてですが「五十肩」というのは俗称で、病名ではありません。
四十代、五十代の方に多い症状なのでそう呼ばれるだけで
実際になってしまえば仮に30代でも60代でも五十肩と呼ばれます。
出張スポーツ治療の姿勢確認
ではそんな五十肩の正式名称はどんなものでしょうか?

それは「肩関節周囲炎」です。
より小難しそうな名前になりましたね。
でも漢字を分解してよく考えてみると意外と単純です。

肩関節周囲炎
肩の関節の周りの炎症です。
割とざっくりした名称ということが分かると思います

五十肩になる原因には次のようなものがありますが
実はハッキリとした原因は医学的に確立されていません。

・肩関節まわりの関節包や滑液包の炎症
・上腕二頭筋腱の炎症
・石灰の沈着による腱板の炎症
 など
ですので肩の周りの炎症という名称をつけているのです。

気をつけるべき症状とテスト

五十肩とよく似た症状で注意が必要なのは肩の腱板断裂です。
肩関節は非常に大きな動きが出来る関節ですが
その分不安定な関節でもあります。

その不安定さを抑えているのが「腱板」なのですが
この腱板が断裂した場合、五十肩と同じような症状が出るため
接骨院、鍼灸院、整体などでは、五十肩と腱板断裂の鑑別はできず
医療機関でレントゲン、MRI、超音波などの検査を受ける必要があります。

症状にもよりますが、転倒・打撲などの外部からの衝撃をキッカケ
肩の痛みが出始めた方は、先に医療機関を受診するべきでしょう。

五十肩のテスト
肩に痛みがある人は次に紹介する
簡単なテストを試してみて下さい。
これらに当てはまるようなら
安易に自己判断せず病院に行きましょう。

・腕を持ち上げた時に腕が耳につかない
・腕を横に持ち上げ60°から120°の範囲でのみ痛みが出る
・腕を腰の後ろに回せない
・肘を90°にしてペットボトルを持つと肩が痛む


五十肩のセルフケア

五十肩は治るまでに長い時間がかかることが多いです。
短い人でも3か月から半年、
長い人では2年以上かかる言われています。

そんな五十肩を一発で治すような治療・ケアはありませんが
少しでも早く治すためにストレッチ・体操などをしていきましょう。

肩のストレッチ1
肘から先を壁や柱につける
そこから体をひねり肩の前を開いていく

肩のストレッチ2
痛みの無い範囲で肩を持ち上げ、壁や机に手をつく
その状態から膝を曲げていき、
肩の筋肉を使わずに腕を持ち上げる

肩の運動1
コッドマン体操(アイロン体操)
ペットボトルなどの重りを持ち腕を垂らす
振り子のように上下左右に腕を振る
少しずつ動かす範囲を大きくしていく

肩の運動2
うちわ体操
脇を閉めた状態で、うちわを仰ぐように
肘から先を内外に回す
イメージが湧きにくい場合は
実際にうちわを持って行う

今回の記事の内容、ストレッチ方法、運動方法についての解説動画です。
ぜひこちらを参考にして下さい。


当院で行う治療紹介

少しでも早く治し、つらい痛みから解放するために
当院で行っている五十肩の治療を紹介します。

強い痛みに対しては、肩周りに鍼治療を行います。
痛みによって筋肉が動かしにくい場合
さらに鍼に電気を流すこともあります。

その後、肩関節や肩甲骨周りの筋肉をケアしていくのですが
オイルを使うと深い層の筋肉までアプローチしやすいため
五十肩に対してはオイルケアを行うことが多いです

さらに五十肩は、肩周りだけでなく
首や肘、前腕などからの負担も影響するため
肩以外の範囲にも施術を行います。

その後自宅で行うストレッチ、運動などの
セルケア指導を行い終了します。


最後に

五十肩の治療には時間がかかることが多いですが
症状や痛みの原因の種類によっては
驚くほど早く回復する場合もあります。

当院では可能な限り早く痛みをとるために
患者様の状態に合わせ、様々な手技を組み合わせて施術します。

長期間の痛みでお悩みの方
時間がかかるものだとあきらめている方
早く治すための治療法を探している方

当院でケアをさせていただきます!
ご相談お待ちしております!