足のストレッチ2 股関節 臀筋群 

今回の記事では股関節の後面(お尻)
臀筋群のストレッチを紹介します。

臀部の筋肉は非常に大きく、強い力を持っており
体幹から始まる力を地面に伝えるための基軸となる部分です。

高い筋力ゆえに、ケアを怠ると
すぐに固まってしまう筋肉でもあり
使用後のケアが特に重要な場所だと言えるでしょう。

臀筋群の主な働き

臀筋群の筋肉には大・中・小殿筋があります。
※大腿筋膜張筋についてはまた別の機会で紹介します

主な働きは次の3つ
・股関節の伸展
・股関節の外転
・股関節の外旋


体を動かす時には、必ずと言っていいほど使われるので
地面に立って行うあらゆるスポーツ競技において重要な筋肉です。

実際の使われ方

日常生活でも様々なシーンで使われることになり
ここの筋肉を使わずに動くことの方が難しいです。

階段を登る
椅子から立ち上がる
立位のバランスをとる
歩くなどなど

あげ出すときりがないほどです。
体幹に近い筋肉はやはり重要度が高いですね!

スポーツシーンだと
陸上短距離のクラウチングスタートなどでは
短い時間で爆発的な筋力を発揮します。
またジャンプ系の競技でも
臀筋群が必要とされることが多いですね。


臀筋群を良く使う筋肉トレーニングとしては
スクワット、ランジ、踏み台昇降などがあります。
トレーニング動画も今後作成していく予定ですので
しばらくお待ちください!



ちなみにこの筋肉は単体で使われることはあまりなく
基本的に周りの筋肉と連動して動いていきます。
特にハムストリングと一緒に使われることが多いため

お尻のストレッチをする際は
ハムストリングも一緒にストレッチをすると効果的です!


ハムのストレッチについては
こちらの記事にて紹介していますので、ぜひ参考にして下さい。(動画あり)
ハムストリングのセルフストレッチ



では臀筋群のストレッチ動画の紹介します。

臀筋のストレッチは数パターンがありますので
今回の動画では仰向けと座位のストレッチを紹介しています。
比較的軽いストレッチなので、まずはこれから試してみましょう!

よろしければチャンネル登録もぜひお願いしますね!