腕のストレッチ1 前腕伸筋群 テニス肘、ボルダリングなどに

今回の記事では腕の前腕(肘から先)
外側部のストレッチを紹介します。

2018/9/9のテニス肘の記事内で
前腕伸筋群のストレッチを紹介しましたが
文字と写真だけでは伝わりにくいので
動画を作成いたしました!

テニス肘でお悩みの方は
ぜひこちらの記事もお読みください。↓↓
「テニス肘を治すためのセルフケアとストレッチ紹介」


前腕伸筋群の主な働き

前腕伸筋群は文字通り伸ばすことが主な仕事です。
・各指の伸展
・手首の伸展(背屈)


ところが伸筋群という名前なのに
肘については肘の屈曲に作用します。

そのためこの筋肉をストレッチするためには
・指を曲げる
・手首を曲げる(掌屈)
・肘を伸ばす

ということが必要になります。

またこの筋肉には
「回外」下向きの手のひらを、上に向ける動き
を助ける働きがあるため

肘から先を「回内」させることにより
より強いストレッチ効果を得ることができます。

使われ方

日常生活ので使われ方では
一番わかりやすいのが
パソコンのキーボードを打つ動きです。

軽く肘を曲げ、手首を反らし、指の曲げ伸ばし
さらに手のひらを下向きのまま支える。


伸筋群のものすごい負担が想像できますね。


スポーツシーンだと
はじめにも書いたようにテニスが有名で
バックハンドでボールを返す時に
主に使われる筋肉です。

意外なところでいうと
「ボルダリング」があります。
ボルダリングは屈筋群で登るイメージがありますが
実際に登ってみると伸筋群もかなり酷使しており
プル系プッシュ系ともにハードに使うスポーツです。

文字での解説はこのくらいにして
実際のストレッチ動画の紹介します。

チャンネル登録もぜひお願いします!