フォームチェックコース 詳細ページ

フォームチェックコース
1回 2,000円 たちばな治療院 クレジット決済クレジット決済も可能です

当院ではランニングフォームやロードバイク(クロスバイク)のペダリングフォームの
動作分析を行っております。
※心拍数も計測可能です

運動時のフォームを2台のカメラで2方向から同時撮影し、
動作分析ソフトにて現在のフォームの解析を行います。
撮影した動画はすぐにパソコンに転送され、その場で解析することができます。

また動画は、後日お渡しすることが可能ですので
ご希望の方はお申し出下さい。

フォームチェックの必要性

スポーツをする上で重要なことの一つに
自分の運動フォームの確認があります。

より良いフォームを身につけることは
競技レベルを上昇させたり、スポーツ障害の治療・予防に繋がります。
そのためにはまず、現在のフォームを知らなければなりません。

2方向から同時に撮影することにより
3軸で運動時の手・足・体幹の関係性を確認することが可能で
自分の感覚では気付けなかった問題点・改善点を知ることができ

また参考にしたい選手のフォーム動画があれば
比較解析することも可能です。

ランニングフォームのチェックについて

動作解析

院内に設置しているトレッドミルを使用し動画撮影を行います。
ジョンソンヘルステック社の 8.1T を採用しており
ランニング面が140cmx49cmと広いため安心して走ることができます。

【準備物】
・普段走っているシューズ
 外で使っているものでかまいませんが、砂や泥は軽く落としておいて下さい
・走れる服装
 肘、膝が見える服が理想です、Tシャツハーフパンツは当院でも用意しております

【ランニングフォーム解析項目】
・傾斜 0~12%
・速度 0.8~20 km/h (0.1 km/h単位)

◇側面からの動画
・着地位置・着地タイプ(ヒールストライク、ミッドフット、フォアフット)
・足運び・腕振りの軌道
・体幹の前傾角度
・頭の上下幅

◇後面からの動画
・プロネーションのタイプとその角度
・ニーインの有無
・手足の左右差
・体幹のブレ

上記8項目を確認していきます。




ペダリングフォームのチェックについて

ペダリング 側面
ペダリング動作解析

安全面から3本ローラーではなく固定ローラーを使用して
ペダリングフォームチェックを行っております。
ミノウラ製の固定ローラー LiveRide LR961 を採用しており
低負荷から1000w以上(換算値)の高負荷まで調整ができます。

【準備物】
・マイバイク(ピスト、ハブナットタイプ車も対応可)
 適合タイヤ 自重モード 570~710mm 約22~29インチ
       負荷モード 610~710mm 約26~29インチ
・靴(ビンディングの方はビンディングシューズ)
 外で使っているものでかまいませんが、砂や泥は軽く落としておいて下さい
・自転車に乗れる服装
 肘、膝が見える服が理想です、Tシャツハーフパンツは当院でも用意しております

【ペダリングフォーム解析項目】
・ケイデンス
・速度
・換算負荷
※ケイデンス、速度センサーは当院にて用意しております(タイラップ固定)
 すでにバイクにセンサーがついている方はBluetooth方式であればそのまま使用できます。
 申し訳ありませんが、ANT+方式には対応しておりません。

◇側面からの動画
・上下死点での股関節・膝・足首の角度
・体幹の前傾角度・背中の反り曲がり
・肩関節・肘関節の角度
・体の上下動

◇正面からの動画
・体幹のブレ
・ニーイン・アウトの有無
・腕の開き

上記7項目を確認していきます。



ご予約はこちらからお願いします
10:00~20:00 定休日 木曜・祝日
 

087-814-7376

web予約は24時間 受付可能です
  web予約