木製ロードバイクスタンドの自作

自分のロードバイクとお客さんのロードバイクの駐輪用に
木製のロードバイクスタンドを自作してみました。

今回はこちらの記事を参考にさせてもらいました!
DIY Factory online shop 木製のスポーツ自転車用スタンド
作り方はほぼ同じで、天板の長さを少し長くしています。


それでは早速紹介していきます。
・材料と工具
・脚材の切断
・木材の塗装
・ブラケット、L字金具固定
・天板固定
・完成!高さのイメージ図

材料・工具

自作スタンド材料
材料
・木材2×4材(ツーバイフォー)足4本 天板1本
・木材保護塗料
・脚材保護用L時金具
・コーススレッド3.8×38(木材固定用ネジ)
・ソーホースブラケット
今回は全部で4500円くらいでした。
塗装やL字金具をはぶけば
もっとお安く作成できます。

工具
・ノコギリ
・メジャー
・ドライバー(電動が楽です)
・プラスチックハンマー(なくてもOK)
木材は足場として2×4材を4本
実際にロードバイクをかける天板として1本使用します。
天板は設置スペースに合わせてカットしましょう。
今回は200cmにしました。
表面塗装木材の保護用塗料です。
種類がたくさんあり、どれがいいのか分からなかったため
とりあえず優れた耐久性と書いているものを選びました。
カラーはクリアです。
刷毛も一緒に購入しましたが、これは100均でも十分でした。
足のガード脚材保護用L字金具です。
接地面から脚の木材が削れるのを防ぐため
脚の一番下に取り付けます。
無くても作れます。
コーススレッドコーススレッドです。
L時金具やブラケット固定に使用します。
ソーホースブラケットソーホースブラケット
ブラケット先端足場を差し込み天板を固定する金具です。
ホームセンターに行けば売ってると思います。

脚材の切断

まずは脚の部分を必要な長さに切断します。
一旦木材をブラケットに仮組し
切断する高さを決定します。高さ合わせ出来上がり高が110cmになる予定です。

切断位置にマーキングしていきます。105cmでカット今回は105cmにてカットしてみました。
※カット前の注意点※
私はサドルをかける高さしか気にしていなかったのですが、実際完成してみると
天板下の高さとロードバイクのハンドル高が結構ギリギリでした。
切断寸法はハンドルが通る高さを考慮して決めて下さいね!

切断前に他にも注意するポイントとしては
切断した後、木材のどちらサイドを残すかしっかりと決めて下さい

木材は自然のものですから個体差は大きいです。
綺麗な木目が残るように切断するのが理想です。
販売時点で、結構反りが強かったり
すでに蜜のようなものが出ていたり
端に割れがあることもあるので切断前に確認しましょう。

私が購入したものは蜜が1本、端のヒビ割れ1本でした。
割れ注意
蜜注意

木材の塗装

脚材・天板を長持ちさせるため
表面を保護するための塗装を行います。

せっかく作るので長持ちさせたいと思い塗りましたが
設置場所に屋根があるなら必要ないのかもしれませんね。

木材の色が綺麗だったため
保護塗料のカラーはクリアにしました。

刷毛でまんべんなく塗っていき乾かします。
塗り比較1回左2本が1回塗ったあとで右2本は未塗装です。
本当にうっすら色がついている程度です。

1度目が乾いた後に2度塗りを行いました。塗り比較2回2度塗りを塗装無しと比較しても
見た目の変化はそれほど大きく無さそうですね。
ただ守られてる感はすごいです。 たぶん

ブラケット、L字金具固定

表にどの木目が来るかを確認しながら
脚材をブラケットに仮組します。
ハンマーで入れる意外と奥までは入りにくいので、
プラスチックハンマーで叩いて入れました。
ブラケットの穴の位置にマーキングをしておき、後で下穴を開けます。

この仮組の時点で先に、脚材保護用のL字金具を取り付けましょう。
先にブラケットを固定してしまうと
脚材を簡単にひっくり返せないので面倒です。
L時ステーねじが少し飛び出ます。
内側なのであまり目立ちません。


その後足場とブラケットを固定していきます。
下穴処理コーススレッドを打つ前にドリルで下穴をあけます。
下穴を開けるとズレにくかったり
ねじ閉め時に木材が割れにくくなるそうです。

今回は撮影用に1本だけ真面目に下穴を開けましたが
下穴がなくても特に問題ありませんでした。
皆さんはしっかり下穴を開けましょう!
仮組後2セット分ねじ閉め終了です。

天板固定

出来上がった足場のてっぺんにブラケットがきます。
このブラケットにガブッと噛み付かせるようにして天板を固定します。
先端で挟む横から見るとこんな感じ。
足場をしっかり開くことにより
ブラケットが天板に噛み込む仕組みです。

噛み付かせるだけでは不安定で
このまま自転車をかけるのは怖いので
ブラケットの横にある穴にビスを打ち
足場と天板をがっちり固定して完成です。

完成!高さのイメージ図

作った感想としては「すっごく簡単」でした!
ドライバーさえあれば誰でも作れます。
ただし電動ドライバーがないと結構疲れるとは思います。

塗装の渇き待ちと写真を撮影しながらの作業なので
意外と時間はかかりましたが
塗装無しで高さ決めに迷いがなければ
DIYに慣れている人なら、30分もあれば作れそうです。

完成写真ロードバイク自作スタンド完成実際にロードバイクとクロスバイクをかけてみました。
少しタイヤが浮く妻のクロスバイクは前輪が少しだけ浮いてます。
フレームの大きさにもよるでしょうね
完成時高さこちらが出来上がり寸法です。
幅200cm(天板の長さ)
高さ110.5cm(天板下101.5cm)
奥行き81cm

天板が200cmでしたが、このくらいなら特に不安定さは感じませんでした。
木材カットの項目でも書きましたが
私は完成後にハンドル高さでヒヤッとしました。
低すぎて入らないという事にならないよう注意しましょう!

本日の記事はこれで終了です。
皆さんもDIY試してみてくださいね!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
最後に材料一覧のせておきます!

ツーバイ材はホームセンターの方が安いはずです!


下にあるいいね!ボタンを押すと
当院の最新記事の通知をフェイスブックで受け取れます。
いいね!お待ちしてます!
◇高松市の鍼灸マッサージ院 たちばな治療院◇
〒769-0101
香川県高松市国分寺町新居467-6
TEL:087-814-7376