ぎっくり腰 (急性腰痛症)の原因と対処法

突然襲ってくる腰の痛み、今まで経験したことある方も多いのではないでしょうか?

このぎっくり腰というのは俗称です。
実際には「急性腰痛症」といわれるもので
腰椎捻挫や筋・筋膜性腰痛症などがあります。

それでは「ぎっくり腰」について次の順番で解説したいと思います。
・ぎっくり腰の原因
・痛みの対処法・治療法
・注意するべき痛み
・予防について
・最後に少しお話

ぎっくり腰の原因として考えられるもの

ぎっくり腰になるキッカケとして多く聞かれるのは次のようなものがあります。
・重いものを持ちあげた
・前かがみになった
・階段の昇り降り
・くしゃみや咳をした

上げてみると特別な動きではなく
多くの人が日常生活にて行っている事ですね。

ではなぜ同じ動きをして痛みが出る人と出ない人がいるのでしょうか?
また昨日までは同じ事をしても大丈夫だったのに
なぜ今日はぎっくり腰となってしまったのでしょうか?

その主な原因としては次の3つです
1、筋肉のコリの蓄積
2、反射的な筋収縮
3、腹筋を締めていない


まず「筋肉のコリの蓄積」です。
日常生活において特定の動きを繰り返す人や
特定の姿勢を取り続ける必要がある方は
その時に使われる筋肉が少しずつ固まってきます。
肩こりと同じですね、特にお仕事などではその傾向が強いですね。

その日常生活の積み重ねにおいて腰、背中、足の後面に筋緊張が蓄積し限界が来る
これが1つ目の原因です。

次は「反射的な筋収縮」です。
この反射的というのは「頭で想定していなかった」ということです。

思っていたよりも持ち上げる荷物が重かったり
くしゃみの勢いが強かった
遠くの物を手を伸ばして取る形になった

など自分で想定していたよりも大きな力が必要だったり
反射的に筋が強く収縮してしまったり
これが2つ目の原因です。

最後に「腹筋を締めていない」です。
物を持ち上げたり、くしゃみをする時などは、腰回りに大きな力が発生します。
この時に腹筋周りに力が入っていないと、腰が不安定な状態になってしまいます。
不安定なところに大きな力が加わることによって
力の逃げ場がいないところに負担が集中するということですね。
これが3つ目の原因です。


この3つの原因のうち2つ以上が揃った時に、ぎっくり腰となってしまうことが多いのです。



ぎっくり腰になってしまった際の対処法・治療法

皆さんが一番聞きたいのはこれだと思います。
痛みを緩和するための対処早く治すためにできることを紹介します。

◇痛みを緩和するための対処

・安静にする
横になって動かないのが痛みを止めるには一番です。
膝の間に布団や枕を挟むと楽になりやすいです。
仰向けが楽な場合は膝を曲げ、膝下に枕を入れましょう。

・膝の裏を押してみる
腰を痛めた人は多くの場合、太もも裏からふくらはぎが緊張していることが多いです。
横向きで膝を抱えるような姿勢になり、片方の膝を中指・薬指・親指でつかむようにして
膝の裏を押してみましょう、ここには委中というツボもあります。
痛みが強い場合は無理せず安静に腰痛軽減のツボ

・痛み止めを飲む、湿布を貼る
簡単です、すぐできますが効くまで少し時間がかかります。
薬を飲む時は飲み合わせ等十分注意しましょう。

・はり治療をする
痛みを緩和するということについては、鍼の効果はかなり高いです。
極端な例では這うようにして治療に来た患者が、歩いて帰るという場合もあります。
でも実際に這うほど痛い時は、もうしばらく安静にしといて下さいね。


◇早く治すためにできること
ひどい腰痛でも数時間~半日横になっていれば、痛みは和らいできます。
昔はぎっくり腰と言えば 安静に!とにかく動くな! が当たり前でしたが
最近では少しずつでも動いた方が、じっと寝ているだけよりも回復が早いといわれています。

上記の方法である程度痛みが引いてきたら
早い回復を目指すために少しずつ動かしていきましょう。

簡単にできるものを紹介します。
痛みが出ない範囲でやることがポイントです。

・ベットの上でウネウネします
ふざけているわけではなく真面目な話です。
はじめは痛みが強いため、横向き仰向けなどの
楽な姿勢でウネウネと動ける範囲で体を動かして下さい。

・仰向けで膝を左右に倒します
仰向けになることができたら、膝を立て、膝と足首を揃えて左右に倒していきます。
痛みが強ければ無理に揃える必要はありません。
初めは少しずつ動かしだんだん動きを大きくしましょう。
途中で痛くなりそうなら踏ん張らずにそのまま横向きになります。


・イスに座って上半身を回す(頭動かさない)
お尻の中心と頭の軸が揃った状態で回します。
前後左右に体を倒すわけではないので注意して下さい。腰痛軽減 正面
腰の痛み 横から



動かす時は、痛みが強くなる動きは避けるようにして下さい。



ぎっくり腰の中でも注意するべき痛み

正直なところ痛みが強くて病院に行ったとしても
「湿布と痛み止めであとは安静に」で終わりというのがほとんどです。

ただ中には注意しなくてはいけない腰痛もあります

・痛みが増していく
・安静にしていても痛い
・1週間以上たっても痛みが軽くならない
・下肢のしびれや脱力感がある
・高齢である(圧迫骨折なども考えられる)

このような場合以外でも、気になる時は病院で診てもらいましょう。
診てもらって何もなければそれが一番安心です。


ぎっくり腰の予防について

ぎっくり腰を予防するためにできる事を紹介します。

・筋肉のコリの解消
背中腰の筋肉に柔軟性があれば、予想外の力が加わった時も
ある程度その力を逃してくれます。
筋肉のコリを貯めないようにするには運動・ストレッチ・マッサージです。
ということで今日は背中のストレッチを紹介します。

椅子に座ってだらーんと体を倒します。
正面、右足、左足を背中の伸びを感じながらやって下さい。
伸びたところで少し体を捻ってもいいですね。
痛みがある場合はやめておきましょう。腰痛体操
ぎっくり腰の体操


・重い物は重心近く、膝で持ち上げる
体の重心と荷物の重心が離れるほど、
腰への負担は大きくなります。
できるだけ荷物の真上に近付き、
中腰にならないよう膝を曲げ腰を落としましょう。腰痛になりやすい荷物の持ち方
腰痛になりにくい荷物の持ち方


・腹筋を締める
これは腹筋が弱いという話ではなく、
力がかかる時に腹筋に力が入れようということです。
息を吸う時は腹圧が下がりますので、
息を吐きながら力をいれるイメージが良いです。
スゥーっと吸ってフンではなく
スゥーっと吐いてフンといった感じで(実際に吐かなくてOK)

・腰を曲げるだけでなく必ず膝を付ける
前かがみになる姿勢は腰にとって大きな負担となります。
ただ日常生活や仕事においてどうしてもその姿勢に
ならなければいけないこともあるでしょう。

そういう時は必ず膝を付けるようにして下さい。ぎっくり腰になりにくい荷物の持ち方力を受けれるものであれば机の脚や壁などなんでも構いません
膝を付けるだけで腰の負担は軽減されます。

ちなみにですが立って前かがみになるよりも
座って前かがみになる方が腰への負担は大きいです。
物を取る時ついついやってしまう姿勢ですので注意しましょう。


最後に少しお話


・冷やしたほうがいいのか
以前は炎症を抑えるために冷やすのが当たり前でしたが
現在では炎症自体が体に必要な反応なため
冷やす事により組織の回復を遅らせてしまう
という考えに変わってきていますので
冷やさないほうが良いと考えます。

ただ冷やすことにより感覚が麻痺して痛みが緩和される
という効果はあるので、どうしても我慢できないのであれば
ごく短時間冷やすくらいであればいいでしょう。

・ギックリ腰は癖になるのか
これは癖になっているのではなく
ギックリ腰になりやすい生活を普段からしているために
背中・腰の筋肉が常に限界近い状態であるということです。

アナタの腰はかなり頑張っています
腰の負担にならない生活を意識していきましょう。



ぎっくり腰に関するお話は以上です。
頑張ってる腰をいたわる生活を目指していきましょう

あなたと同じような症状で悩んでいる人が
当院に来られているかもしれません。
診断名が付かないような痛みや症状でも、
お気軽にご相談ください!

ご予約はこちらからお願いします

10:00~21:00 定休日 木曜・祝日
香川県 高松市 国分寺町新居 467-6

087-814-7376

web予約は24時間 受付可能です
web予約